資格スクール大栄の医療事務講座(通信+通学)

資格スクール大栄 医療事務講座[通信+通学]の特徴・講座内容

資格スクール大栄の医療事務講座 詳しくはこちら

受講メリット・特徴

初心者向けにソラストのノウハウを注入したオリジナル教材を使用!

 使用しているテキストは、日本国内で最初に医療事務講座をスタートしたソラストの貴重なノウハウを取り入れたオリジナル教材を使用しています。

ソラストは50年以上も医療事務に関わっている有名な老舗企業ですから、蓄積された教育ノウハウはずば抜けたものがあります。

現在、大栄はこのソラストの教材やカリキュラムのノウハウを活用した講座を行っており、テキストの特徴は次の4つです。

  1. 図や表がふんだんに使用されているので、文章だけのテキストとは違い、初心者でもすぐ全体像が頭にイメージできるので、すんなりと理解でき難しく感じないような工夫がされています。
  2. 医療事務制度は種類も多く、その制度内容も初心者には難しく理解しずらい内容が多くあるので、制度を体系別に整理し、重要な個所をピックアップして要点を絞り噛み砕いて解説されています。
  3. 学科別に業務の流れを図表で解説した後に、その項目に関する練習問題が用意されているので、学科単位で段階を踏んで勉強した知識を定着させることが出来ます。
  4. 最も重要なレセプト学習については実務で使用されているものを用い、レセプトの記載方法や、最新の診療報酬点数を使って表の見方・仕組み・調べ方などについて業務の流れに沿って詳しく解説されており、頻繁に出題される問題例も満載です。

また、診療報酬は原則2年ごとに改定されますが、大栄では毎年見直しを行い、教材は改定内容が迅速に反映されていますので、最新の情報に基づいて医療事務の勉強をすることができます。

WEB通信と通学を組合わせた効率的な学習システム!

 通信と通学を組み合わせた講座は、大栄とニチイしか行っていません。

ニチイの場合、通信の教材はテキストしかありませんが、大栄では、テキストだけでなくWEB上で講義動画も配信しているので、自宅や通勤途中、外出先でも時間があればスマホからアクセスして勉強することができます。

専門用語など初心者には文章だけではなかなか理解しずらい難解な医療事務の勉強をする場合はすごく役立ちます。

全国の校舎には医療事務の学習アドバイザーが常駐し授業を全面サポート!

 通信の自宅学習以外に通学する日は全部で9日間ありますが、全国にある校舎では医療事務を熟知したプロの学習アドバイザーが常駐しています。

なので、授業に出席した際には、学習計画、勉強の進捗状況、効果的な勉強の仕方、試験のポイントなど気軽にいろいろな相談を行えるので、的確なアドバイスをもらうことができます。

いわば受講生の世話人という立場で親身に相談に乗ってくれるので心強く、精神的にもすごく安心して勉強に取り組めます。

試験の解答ノウハウも詳しく指導!

 大栄では、出題される問題形式に対応した点数表の調べ方を具体的に詳しく講義してくれるので、どんな試験問題に対しても迅速に解答できるようになります。

より確実に合格することに重点をおいた講義内容になっていて、時間内に正確で迅速にレセプトを作成できる実戦的スキルを着実に身に付けることができます。

医療事務人材紹介のエキスパート企業ソラストの就業サポート付!

 ソラストは、日本で最初に医療事務関連事業に取り組んだプロ集団の人材紹介会社です。

医療機関とのパイプも太く、50年以上の事業運営経験から医療職の就職ノウハウも豊富で、受講生の適性を見極め希望条件に合う就業先をマッチングするノウハウにも定評があります。

校舎では就業説明会が実施され、個別ヒアリング、種類審査、面接、就業条件の調整、入職まで完全サポートしてもらえます。

資格スクール大栄の医療事務講座 詳しくはこちら

管理人レビュー

 大栄はソラストと提携したおかげで講座についても就業サポートについても、独自で開講していた時と比較して大きくパワーアップしています。

講座内容もネット配信の講義動画で学べる通信学習と、直接教室で講師から学べるスクーリングを組み合わせたカリキュラムになっています。

なので、テキストだけでは理解しずらいという通信講座の欠点と、全科目を通学で学ぶには時間的に無理があるという通学講座の欠点を、両面ともカバーできるような講座内容となっています。

現状、通信+通学という受講形態で、ここまで受講生に配慮された医療事務講座は他にはありません。

 また、就活もソラストが責任を持ってサポートしているので、就職先が見つからないというようなケースはまずないと考えていいでしょう。

但し、目指せる資格が最難関資格の診療報酬請求事務能力認定試験一本だけというのは気にかかります。

受験生は、この試験が難しいというのをよく認識した上で、十分な受験対策を行い受験しているわけですが、合格率は30%で10人中7人は不合格になり涙を呑んでいるという現実があります。

その点、ヒューマンアカデミーの医療事務講座は、診療報酬請求事務能力認定試験合格を目標にした講座ですが、不合格になった時のリスクヘッジとして、認知度がある中難易度の医療事務資格も同時に受験できるようにカリキュラムが組まれています。

なので、この受講可否の判断は受講生の事情により異なりますが、私個人の意見としては、初心者がいきなり診療報酬請求事務能力認定試験だけに絞って受験するのは、少しリスクが高すぎるように感じます。

講座内容

講座名

医療事務資格講座

受講形態 通信講座通学講座
受講回数

全29回:
通信(20回)、通学(9回)

目指せる
資格試験

診療報酬請求事務能力認定試験
(受験料:7,500円)

医療事務(医科)試験日程はこちら≫≫

試験形態

会場受験

受講
サポート

全国100箇所以上の校舎に常駐している医療事務のプロが学習方法に関して全面サポート

就職
サポート
医療事務就業実績がある老舗の人材紹介会社ソラストによる就業フルサポート
受講費用

一括払い
86,000円(教材費込・入学金込・税別)

分割払い
教育ローン利用により可能

給付制度

対象外

資格スクール大栄の医療事務講座 詳しくはこちら

関連ページ

たのまなヒューマンアカデミーの医療事務講座(通信)
たのまなヒューマンアカデミーの医療事務講座(通信)の特徴・受講メリット、学習内容、受講期間、受講料、サポート体制などについて詳しく解説しています。
たのまなヒューマンアカデミーの診療報酬請求事務能力認定試験対策講座(通信)
たのまなヒューマンアカデミーの診療報酬請求事務能力認定試験対策講座(通信)の特徴・受講メリット、学習内容、受講期間、受講料、サポート体制などについて詳しく解説しています。
ユーキャンの医療事務講座(通信)
ユーキャンの医療事務講座(通信)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
ヒューマンアカデミーの医療事務講座(通学)
ヒューマンアカデミーの医療事務講座(通学)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
アビバの医療事務講座(通学)
アビバの医療事務講座(通学)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
資格の学校TAC 医療事務講座(通信・通学)
資格の学校TAC 医療事務講座(通信・通学)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
資格の大原 医療事務講座(通信・通学)
資格の大原 医療事務講座(通信・通学)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
ニチイの医療事務講座(通信・通学)
ニチイの医療事務講座(通信・通学)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
日本医療事務協会の医療事務講座(通信・通学)
日本医療事務協会の医療事務講座(通信・通学)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
TERADA医療福祉カレッジの医療事務講座(通信)
TERADA医療福祉カレッジの医療事務講座(通信)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。

医療事務
資格試験日程
医療事務資格
種類と試験内容
医療事務講座
徹底比較
医科 医療事務
人気講座
歯科 医療事務
人気講座
医師事務作業補助者
人気講座
医事コンピュータ
人気講座
ページトップへ戻る