医療事務スタッフの需要が増える理由

医療事務職のニーズが高まる理由と仕事に就くことのメリット

医療費負担の増加に伴い優秀な医療事務スタッフが必要に

 超高齢社会に突入した現在、病院などに受診・通院する患者や入院治療を受ける患者数増加し続けています。

医療保険の給付費用も患者数に比例して年々増大し、診療報酬明細書(レセプト)の発行件数も増えているのが実情です。

よって、病院経営の合理化・効率化を図ることが不可欠な状況にあり、医療機関では医業経営に直結するレセプト業務をメインに医療事務の質を総合的にアップさせる必要性に迫られています。

医療事務の仕事は、無資格でも仕事に就くことはできるといっても専門的な技量が求められる仕事で、実際は誰にでも簡単にできるような職種ではありません。

特にレセプト業務は医療機関の経営状況に大きく関係する重要業務であるため、専門的な知識や技能を習得した医療事務職員を必要としているのが医療機関の常です。

このような時代背景から直接の正規雇用だけでは人材を確保できず、派遣や委託という形態で医療事務業務の代行を依頼できるアウトソーシングを活用して対応するなど、一人でも多くの質の高い医療事務スタッフを確保できるような事業施策を取っている医療機関が増加しています。

なので、患者数の増加と共に医療保険制度改革も進展していくことが考えられ、将来的にも時々の状況に合わせ臨機応変に対応できる高度な知識と豊富な実務経験を兼ね備えた医療事務が必要になってくると思われます。

医療事務スタッフの需要が増加する理由

  1. 専門性が高い仕事内容である
    医療事務の仕事は専門的な知識及び技能が必要なため、医療事務職員には相応の専門性が求められるので、誰もが簡単にできる仕事ではない。
  2. 医療費負担が増大するに伴いレセプト件数も増加している
    迅速・正確に診療報酬請求業務(レセプト業務)を行えるスキルが医療事務には要求される。
  3. 医療保険制度は改定・改革が多い
    制度改定に伴い医療現場での実務内容も変化するため、医療事務には迅速で臨機応変に対応できる能力と経験を持った医療事務が必要とされます。

医療関連業務の委託率の増加

 医療関連サービスの業務を外部の業者に委託している医療機関は年々増加し、委託範囲が一部ではなく全面的に委託する比率が増加しています。

業務委託の範囲は、医療事務に関する業務が最も多く、これ以外には、医療機器の保守点検・修理、患者給食、医療廃棄物の処理、院内の清掃、寝具の洗濯や賃貸などがあります。

医療事務に関する業務を外部委託することの医療機関側の利点としては、次のようなことが考えられます。

  • 人件費などの節減
  • 人材不足の解消
  • 作業性の向上・効率化・迅速化

医療事務職に就くことのメリット

 医療事務の仕事は、他の地域に住居が変わっても全国に多くの職場があり、医療保険制度やレセプト業務は全国統一なので、女性には働きやすい職種で長期に渡って続けられる仕事とも言えます。

医療事務には、次のようなメリットが考えられます。

医療事務は専門性の高い仕事

 医療事務の業務内容が地域によって大きく異なることはなく、一度習得した技能は全国どこの医療機関へ就業しても通用します。

なので、女性の場合、結婚や夫の転勤などにより他の都道府県に住所移転しても、就職に困るという心配はなく、年齢に影響されずに働き続けられる仕事です。

就業スタイルや勤務時間の選択肢が多い

正職員、パートでの医療事務の就業スタイル

 医療事務の就業形態は、正職員、パート、派遣と豊富なので、自分のライフスタイルや事情に合わせて選択し、家事と仕事を両立しながらも働くことが可能です。

正職員はフルタイム勤務で、パートタイマーは限られた勤務日数や時間だけ、働くことができます。

派遣・外部委託による医療事務の就業スタイル

 医療事務業務を外部の業者に委託する医療機関の増加で、派遣スタッフとして派遣会社に登録し希望条件に合った就業先で医療事務として働く方も多くいます。

勤務形態はフルタイム、パートタイム、レセプト期間に限定した特定期間など働き方も様々です。

医療機関から全面委託で医事業務を請け負っている派遣会社や請負会社では、管理職やリーダー的立場で働くケースも少なくありません。

年齢が問われにくい職種である

 医療事務は専門性や業務経験が問われる職種であるため、就職の際に年齢や性別がネックになることはあまりなく、女性でも働きやすく復職・転職などにも有利な職業といえます。

医療への貢献度が高い仕事である

 医療事務は直接医療行為に関わることはできませんが、患者や医療スタッフと連携しコミュニケーションを取りながら間接的に関わり側面から支援する仕事です。

なので、医療貢献に繋がる社会的価値の高い職業でもあり責任がある反面、やりがいや満足感を持ちながら取り組める仕事といえます。

また、日々の業務において、患者やスタッフとの触れ合いや交流機会が多いため、業務に変化があり単調でなく飽きずに業務に取り組むことができ、また患者からの反応も肌で感じることができるため、仕事にも手応えを感じながらできる仕事です。

医療知識を広げることができる

 医療事務の講座を受講し、資格を取得する過程を通じて、幅広い医療知識を得ることが可能で、自分自身や家族に対しての健康管理や病気予防にも生かすことが出来ます。

関連ページ

医療事務の仕事の魅力
医療事務の資格を取得し仕事に就くことの魅力やメリットについて紹介しています。
医療事務の現状と職業としてのニーズ
医療事務の職場の現状と職業としての人気度・ニーズについて紹介しています。
医療事務が人気資格である7つの理由
医療事務の資格が昔から人気がある7つの理由について紹介しています。

医療事務
資格試験日程
医療事務資格
種類と試験内容
医療事務講座
徹底比較
医科 医療事務
人気講座
歯科 医療事務
人気講座
医師事務作業補助者
人気講座
医事コンピュータ
人気講座
ページトップへ戻る