外来受付窓口業務-医療事務仕事1

医療事務が応対する外来患者へのサービス業務とは

 医療機関に来院した患者の診察の受付や、診療費を計算し自己負担費用を患者に請求する会計などを行います。

受付窓口は、患者が一番最初に訪れる場所で、診療所や医院であれば、診察の受付と診察代の会計を一つの窓口で済ませるところも多く、患者には笑顔で接し、かつ迅速・正確に案内や説明を行う必要があります。

なので、外来患者の応対を行う受付窓口の医療事務は、まさに病院の顔ともいえるポジションにあり、重要な仕事を担っているといえます。

 窓口業務で応対する医療事務員は、患者と接する機会が多く病院では中心的な役割を担う立場にあり、受付を行う医療事務スタッフの対応の仕方一つで、病院に対するイメージの良し悪しが大きく変わってくるため、態度や言葉使い一つにも、十分注意する必要があります。

初診外来受付窓口での仕事の流れと業務内容

 医療事務として初診患者の受付業務を行う場合は、次のような流れで対応します。

1. 診療申込書・問診票の記入

 病院に初めて来院した初診患者には、診療申込書・問診票を受付で渡し、必要な情報を記入してもらいます。

医療事務は、これらの書類を元にして、患者情報の入力、保険証の確認、診察券の発行、医師が必要な基本情報書類などの作成を行います。

2. 診療申込書・保険証の受け取りと内容確認

 保険証に記載されている患者情報の確認は、外来患者の受付業務においても最も重要で、市町村などの保険者からの指導でも確実に行うことが義務づけられています。

皆保険制度が導入されている日本では医療保険への加入義務が課せられており、医療機関で患者が受診する場合は、保険証を提出し自己負担割合分の費用を支払うだけで、必要な診療サービスを受けることができるようになっています。

患者の職種などにより加入できる医療保険は異なり種類も様々で、患者の医療費自己負担割合も違うため、最初の受付時には確実に内容確認することが基本です。

保険証を患者から提示されたら、まず保険種類、保険番号、患者名、性別、生年月日、住所の基本情報をコンピュータへ正確に入力します。

3. 診察券の発行、カルテ作成

 受付時に患者情報を入力すると、自動で磁気ストライプがあるプラスチックカードの診察券が発行されるようなシステムを導入している医療機関もあります。

この場合は、診察・治療・検査・処方薬など患者に関する情報が磁気ストライプに記録され、すぐに情報が読み取れるような仕組みになっています。

また、患者の基本情報が入力できれば、診察室へ持っていけるようカルテの準備も行います。

4. 外来指示書・会計カードなど診察時基本書類の発行

 ここでは、医師などが必要とする基本書類を準備し診察室へ搬送できるようにします。

外来指示書の発行

 入院患者や外来患者に行われた医療行為については、診療報酬点数表に基づき点数計算され医療費として算出されますが、このような作業はレセプト業務と呼ばれ医療事務が担う大切な仕事の一つになります。

医療行為を費用として算出するためには、医師や看護師などが行った医療行為に関する情報が必要になります。

外来指示書には、診察、検査、手術、処置など医師が患者に施した医療行為の各情報が記入されます。

レセプト作成の元情報となる外来指示書は、受付で患者の基本情報をコンピュータ入力した時に発行されるシステムになっているケースがほとんどです。

会計カードの発行

 診察室に搬送する書類として、カルテや外来指示書と共に会計力−ドも発行します。

会計カードは、会計業務を効率的に処理するために必要となる書類で、外来指示書と同様、医療行為を行う医師や看護師が診療内容を会計カードに記入し、最後に会計窓口で患者が会計カードを手渡し、これを基に診療費の自己負担額が算出されます。

5. 受診科への案内

 診察準備が出来れば病棟内の案内をして、受診する診療科へ患者を誘導します。

診療科へ案内する際は、そこまでの道順を説明するのみの場合や、診療科まで患者と一緒に行く場合がありますが、案内方法は、各医療機関や患者の状態や状況により異なります。

6. 診療科へカルテを搬送

 診察時に必要なカルテなどの基本書類を診療科の医師へ渡します。

医療機関の中には、患者が持参して医師に渡すところもあります。

7. 診察終了後の会計

 会計カードを患者から回収し、診療費を計算し請求します。

再診外来受付窓口での仕事の流れと業務内容

 外来患者が再診のため来院した場合、受付窓口の医療事務は、次のような流れで業務対応します。

1. 診察券の投入

 規模の大きい医療機関では自動受付機があるところも多く、その場合、診察券を機械に差し込み、受診する診療科目を選ぶと、受診番号が記載された受診票が自動で発行され、診察券が返却されるしくみになっています。

2. カルテ・基本書類の取り出し

 患者が自動受付機を使用すると、情報がデータ送付され、外来基本伝票(外来指示書)が発行されるため、その情報を基にカルテ出しを行います。

3. 保険証の内容確認

 日本の皆保険制度では全国民が保険制度に加入することになっており、保険証には多くの種類があるため、被保険者になっている保険証の種類や患者基本情報を間違いなく確認することは大変重要です。

また、再来受付の場合は、来院した月の受診初日には、保険証の内容確認を行う必要があり、初診の場合と業務内容は同じです。

4. 受診科への案内・診療科へのカルテ搬送

 診察の準備が完了すれば、患者を受診科の診察室へ案内し、カルテも搬送します。

関連ページ

医療事務の業務の種類
医療事務の業務内容は、医療機関により異なりますが、ここでは患者サービス、診療報酬請求、院内管理の3つの観点から見た業務内容について紹介しています。
カルテ作成・搬送業務-医療事務仕事2
医療事務が行うカルテの作成・発行・搬送・保存・管理などの業務内容やポイントについて紹介しています。
会計窓口業務-医療事務仕事3
医療事務の会計窓口での仕事の流れと業務内容・注意点について解説しています。
入院に伴う業務-医療事務仕事4
患者の入院手続き・受け入れに伴う医療事務の業務の流れ、仕事内容について解説しています。
退院・病床管理に伴う業務-医療事務仕事5
患者の退院手続きや病院経営に関わる病床管理に伴う医療事務の業務の流れ、仕事内容について解説しています。
診療報酬請求の仕組み
診療報酬請求が成り立っている仕組みと内容、医療保険の種類、保険診療と自由診療の違いなどについて医療事務が理解しておくべき基礎知識について解説しています。
レセプトの作成・点検-医療事務仕事6
医療機関におけるレセプトの作成・点検業務の流れと医療事務の仕事内容について紹介しています。
レセプトの提出・審査・返戻-医療事務仕事7
レセプトの提出、審査支払機関での審査・返戻・査定、診療報酬の支払いまでの流れと業務内容について解説しています。
医療秘書業務-医療事務仕事8
院長秘書・医局秘書・看護部長秘書など医療秘書の職場の特徴、業務内容について紹介しています。
病棟クラーク業務-医療事務仕事9
病棟クラークを担当する医療事務の業務内容と役割などについて紹介しています。
オペレータ業務-医療事務仕事10
医療事務のオペレータ業務内容、レセプトコンピューター・電子レセプト・電子カルテの普及率と導入メリットについて解説しています。
その他の業務-医療事務仕事11
医療事務の中心となる業務内容は、外来患者・入院患者への各種サービス業務と、診療報酬請求業務(レセプト業務)になりますが、実際の医療現場では、これ以外にも医療事務が担うことになる医業経営に影響するようないくつかの重要な業務も存在します。

医療事務
資格試験日程
医療事務資格
種類と試験内容
医療事務講座
徹底比較
医科 医療事務
人気講座
歯科 医療事務
人気講座
医師事務作業補助者
人気講座
医事コンピュータ
人気講座
ページトップへ戻る