会計窓口業務-医療事務仕事3

医療事務の会計業務の流れと内容

 外来患者の診療費用を計算し、請求するのも会計窓口の医療事務スタッフの業務です。

会計窓口へは、医師が記入した会計カード、カルテ、処方せんなどが搬送され、受け取った医療事務は、会計カードやカルテ内容を基に提出順に医療費を算出します。

会計カードやカルテに基づき診療行為を点数化

 医師により診療内容などが記入された会計カード又はカルテを確認しながら、2年毎に改定が行われている診療報酬点数表及び薬価基準を見ながら、診察料、検査料、注射、投薬料などを点数化していきます。

診療報酬点数表には診療行為が、薬価基準には薬剤料が、材料価格基準には医療材料や器具類の各単価が定められています。

薬価基準とは、医療保険での給付対象になる医薬品一覧と、公定価格表が記載されているもので、2年毎に改正が行われていきます。

全ての医療保険の診療報酬の算出基準が記載されたものが診療報酬点数表になります。

また、点数表として医科医療機関では医科点数表、歯科医院では歯科点数表、保険薬局では調剤点数表がそれぞれ使用され、この3種類には基準が設定されています。

 基本診療料と特掲診療料の2つに各点数表は区分され、それぞれの医療分野別に医療保険の適用対象となる診療行為と点数が規定されています。

基本診療料とは、初診料、再診料、入院料などの基本的な診療行為を指し、特掲診療料とは、検査、画像診断、投薬、注射、手術、処置などの費用を指します。

 会計業務では、この2種類の診療料を合算して医療費を算出します。

医療事務スタッフは、診療報酬点数表に従い診療行為別に点数を計算し、カルテであれば診療行為に該当する点数を転記し、合計を計算します。

診療報酬点数表は、医療行為の難易レベルやコストにより点数が決定され、1点を10円として計算し診療報酬が算出され、診療報酬の適応対象、範囲、単価については、原則2年に1回見直し改定することになっています。

点数算定は迅速で正確さが医療事務には求められる

 診察を受診し終えた患者のカルテに従い、診察料、検査料、注射、投薬料などの点数を診療報酬点数表や薬価基準を基に算出し、診療費の総額から患者が負担する金額を計算し、患者に負担請求するのが会計での業務内容になります。

 規模の大きい医療機関の会計窓口は、患者が集中し混雑するのが一番多い場所なので、診療点数を算定する場合、医療事務には迅速で正確に処理する技量が求められます。

診療費の計算を行う

 患者の負担金を会計業務で算出しますが、1点10円として診療費の合計額を計算し、患者負担額を計算します。

患者が加入する医療保険により、診療費の自己負担割合が異なるので、割合に応じ患者支払い分のの診療費を計算し、一部負担額を請求します。

被保険者となっている医療保険の種類などにより患者負担割合などが異なる時があり、会計を行う際は確認を怠らないように注意を払い正確に算出することが要求されます。

患者へ診療費自己負担額を請求し徴収する

 医師による診療が終わり、会計窓口の医療事務が会計カードを受け取れば、その順に患者負担金額計算し、自己負担額が算出できれば診療費の請求を行い徴収します。

大きな医療機関での会計業務では、何人かの患者人数分をまとめて算出処理し、計算を終えた時点で会計カードを受け取った順に精算していくところもあります。

会計後は診察券の返却と処方箋の手渡し

 患者から一部負担金を徴収し終えれば、患者の名前を確認して預かっていた診察券を返却し、患者に処方薬が出されている場合は、処方せんを手渡します。

その場合は、処方せんと患者名とが間違っていないかを必ず確認する必要がありますし、調剤薬局が近辺にある場合は、その場所の案内と、処方してもらえる最終期限もきちんと伝達することも大切です。

レセプト業務

 診療報酬点数表などに基づき、診療内容を点数化して診療費を算出し、患者には自己負担割合分の医療費を請求し支払ってもらいますが、負担分以外の費用は保険者に請求することが必要になります。

通常、医療保険の自己負担割合は3割負担となっていますが、残りの7割分の医療費については、医療事務がレセプト(診療報酬明細書)を作成し、保険者が委託している審査支払機関に保険診療費の請求を行い、審査後請求内容に過誤がなければ、医療機関に診療費が支払われることになります。

 以上が会計窓口での医療事務の業務内容になりますが、規模の大きい病院では受付と会計の窓口は別になっていて、担当する医療事務スタッフも別々となっています。

 一方、規模の小さい医院や診療所では、受付窓口と会計窓口は1ヶ所しかなく、同じスタッフが両方の業務に対応している場合がほとんどです。

実質的には、作業量が倍になるので、患者の待ち時間にも影響するため、医療事務にはスピーディーかつ正確に診療費を計算する能力が必要になります。

患者からの電話での問い合わせや応対もあるので、要領よく対応する臨機応変さも求められます。

関連ページ

医療事務の業務の種類
医療事務の業務内容は、医療機関により異なりますが、ここでは患者サービス、診療報酬請求、院内管理の3つの観点から見た業務内容について紹介しています。
外来受付窓口業務-医療事務仕事1
医療事務職が行う外来患者に対する初診・再診時の受付窓口業務の流れや仕事内容について紹介しています。
カルテ作成・搬送業務-医療事務仕事2
医療事務が行うカルテの作成・発行・搬送・保存・管理などの業務内容やポイントについて紹介しています。
入院に伴う業務-医療事務仕事4
患者の入院手続き・受け入れに伴う医療事務の業務の流れ、仕事内容について解説しています。
退院・病床管理に伴う業務-医療事務仕事5
患者の退院手続きや病院経営に関わる病床管理に伴う医療事務の業務の流れ、仕事内容について解説しています。
診療報酬請求の仕組み
診療報酬請求が成り立っている仕組みと内容、医療保険の種類、保険診療と自由診療の違いなどについて医療事務が理解しておくべき基礎知識について解説しています。
レセプトの作成・点検-医療事務仕事6
医療機関におけるレセプトの作成・点検業務の流れと医療事務の仕事内容について紹介しています。
レセプトの提出・審査・返戻-医療事務仕事7
レセプトの提出、審査支払機関での審査・返戻・査定、診療報酬の支払いまでの流れと業務内容について解説しています。
医療秘書業務-医療事務仕事8
院長秘書・医局秘書・看護部長秘書など医療秘書の職場の特徴、業務内容について紹介しています。
病棟クラーク業務-医療事務仕事9
病棟クラークを担当する医療事務の業務内容と役割などについて紹介しています。
オペレータ業務-医療事務仕事10
医療事務のオペレータ業務内容、レセプトコンピューター・電子レセプト・電子カルテの普及率と導入メリットについて解説しています。
その他の業務-医療事務仕事11
医療事務の中心となる業務内容は、外来患者・入院患者への各種サービス業務と、診療報酬請求業務(レセプト業務)になりますが、実際の医療現場では、これ以外にも医療事務が担うことになる医業経営に影響するようないくつかの重要な業務も存在します。

医療事務
資格試験日程
医療事務資格
種類と試験内容
医療事務講座
徹底比較
医科 医療事務
人気講座
歯科 医療事務
人気講座
医師事務作業補助者
人気講座
医事コンピュータ
人気講座
ページトップへ戻る