ヒューマンアカデミーの医療事務講座(通学)

ヒューマンアカデミー 医療事務講座[通学]の特徴・講座内容

医療事務の仕事がしたいっ!★ヒューマンアカデミー★無料資料請求はこちら

受講メリット・特徴

医療機関でも高評価の「診療報酬請求事務能力認定試験」合格まで徹底指導!

 「診療報酬請求事務能力認定試験」の合格率は約30%で簡単に受かる試験ではありません。

ですが、試験内容は実践的な技能習得レベルを判断する試験内容となっていることもあり、それだけに、医療機関においてはネームバリューが高い資格であるというのは紛れもない事実です。

就職や転職の際、堂々と自信を持ってアピールしても恥ずかしくない医療事務資格の一つでもあります。

高難易度で合格率は低いが取得する価値が高い診療報酬請求事務能力認定試験に仕事をしながら、又は家事をしながらでも合格するために、ヒューマンアカデミーでは次のような点で差別化が図られています。

多彩な学習コース設定

 通学講座の不便な点は、授業を受けるため時間を作る必要があるという点ですが、本講座では、平日・土日・短期集中などの学習コースが用意されています。

自分のライフワークバランスを考えながら都合のよい時間帯の学習コースを選ぶことができるので、働きながらでも家事や子育てをしながらでも通学できるように配慮されています。

少人数・講師担任制で行き届いた授業

 講師陣は、現場で長年実務経験があり、知識だけでなく医療現場の実状も熟知している現役のプロばかりです。

受講体制は、授業ごとに担当講師が入れ替わるような形態ではなく、1人の講師が1クラスを担任制で受け持ち教えるような体制が取られています。

また授業内容も現場や卒業生の意見などを参考にして、わかりやすい講義内容になるよう年々ブラッシュアップされているようです。

クラス編成少人数で講義が行われるので、担任制との相乗効果で、受講生一人ひとりを同じ視点で最初から最後まで見ることができるので、受講生の理解度や習得度の浮き沈みがリアルタイムで把握でき、きめ細い行き届いた的確な指導を適宜行うことが可能になっています。

現場に直結する実務スキルを習得できる受講カリキュラム

 一般的な医療事務の授業の進め方は、最初に医療事務全科目の学科知識を学び、次にレセプトの実技を学ぶという順序で教えるスクールが多いようです。

一方、ヒューマンアカデミーの場合は、単純に学科と実技を分けて教えるのではなく、各診療項目別に学科知識・実技技能の基礎から応用までをトータル的に教え、それが完了すれば次の診療項目の学科・実技というように診療項目別に区切ってステップを踏み学んでいくカリキュラムになっている点が大きな特徴です。

このような教え方は、診療科目についての知識と実技を深く学べて習熟度もアップすると思うので、受講生にとっては有益な受講方法といえます。

すべり止め効果もある2つの資格に対応した講座

 この講座は最難関資格の診療報酬請求事務能力認定試験の合格を目指しますが、専願で受験した場合、不合格になる可能性も高く大きなリスクが伴います。

このようなリスクを回避するために、本講座では認知度が高く中難易度で尚且つ試験会場へは資料持ち込みOKとなっている医科2級医療事務実務能力認定試験も目指せる2つの資格に対応した講座カリキュラムが組まれています。

医科2級医療事務実務能力認定試験については、資料持ち込み可能な試験ということもあり、暗記中心の勉強をする必要もなく、テキストのどこに何が記載さているか、診療報酬点数表をいかにスムーズに引けるかなどをしっかり学んでいれば十分合格できるレベルの試験です。

実際に専願受験で失敗すれば、就職活動も満足にできませんが、W資格対応講座ということで、「受講したけど何の資格も取得できなかった」というような悲惨な状況は回避できると思います。

通学講座特有の不安要素をカバーする学習サポート

 通学で勉強する際に一番心配なのが、授業に出れなくなった場合です。

このような状況になる理由としては、病気、怪我、引っ越し、出張、転勤などがありますが、ヒューマンアカデミーでは、このような不安を解消するために、次のようなサポート制度が用意されています。

  • 授業欠席時の振替受講サポート
  • 最長1年間の休学制度
  • 全国各校舎への転校制度
充実した就業フルサポート

 自社で事業展開している求職人材支援会社などによる就・転職活動サポートが行われているのも魅力です。

クラスでは随時、医療職に特化した求人情報提供や個別相談、就活ノウハウの提供や応募対応など全面的にサポートしてもらえます。

ヒューマンアカデミーの場合、特に就活サポートが手厚いので卒業生の就業実績も良く、講座修了後の就職も過剰に心配する必要はないので、この点も大きな安心材料です。

医療事務の仕事がしたいっ!★ヒューマンアカデミー★無料資料請求はこちら

管理人レビュー

何と言ってもヒューマンアカデミーの医療事務講座を受講する大きな利点は、経験豊富で技量の高い講師が受講生各自に付きっきりでトータル的に教えてくれる体制が整っている点が大きなセールスポイントになります。

受講メリットでも紹介しましたが、これを可能にしている理由としては、次の2つが挙げられます。

  • 1クラス少人数制による講師担任制なので、細かいところまで目が行き届き適切な個別指導が行える。
  • 1診療科目を1ステップとして知識(学科)と技能(実技)を習得し、最初の診療科目が終われば次の診療科目に進んでいくという診療科目別に段階を踏んだ講座カリキュラムが組まれている。

なので、単に机上の理論で知識を吸収するだけでなく、医療事務として現場に出てから本当に役立つ実務的なスキルを学べる可能性が高い講座だと思います。

 特に初心者の場合は、いくら費用が安くて教材が良くても教え方一つで理解度合いが大きく異なってくるので、このような学習システムが用意されているということは通学講座選びの大きなポイントだといえます。

 さらに、ヒューマンアカデミーの場合は、アクセスが便利な場所に校舎が全国に33拠点もありで、各校舎には複数の教室が設けられています。

なので、遠方まで行かないと授業を受けられないなどの不都合も少ないと思います。

いくら優良な講座であっても、近くに学校がない場合は、通学に要する時間や費用がかさみ、受講料と合わせると大幅に予算をオーバーする可能性もあります。

各教室には、最新の学習設備も導入され大規模に事業展開している大手スクールなので、受講生をお世話する職員や運営体制整っていて安心してサポートを受けられると思います。

 また、いきなり受講開始するのは不安だという方のために、どんな質問にも答えてくれる個別の説明会や無料で体験受講できる場も用意されているので、学校へ足を運び納得いくまで確認することも出来ます。

卒業生の口コミを聞いていると評判もいいので、自分の目で確かめてから受講検討すればいいでしょう。

講座内容

講座名

医療事務講座

受講形態

通学講座

受講期間

3ヶ月〜 (3時間×20回 / 計60時間)

※受講頻度の目安:1〜2日/週

目指せる
資格試験
  1. 医科2級医療事務実務能力認定試験
    (受験料:一般受験 7,500円、認定校受講 7,000円)
  2. 診療報酬請求事務能力認定試験
    (受験料:7,500円)

医療事務(医科)試験日程はこちら≫≫

試験形態
  1. 医科2級医療事務実務能力認定試験
    (一般:会場試験、認定校:校内試験)
  2. 診療報酬請求事務能力認定試験
    (会場試験)
受講
サポート
  • 欠席時のサポート
  • 休学・復学制度
  • 転校制度
就職
サポート

講師ネットワーク、就職部、自社就職支援企業のヒューマンリソシアなどによる就活フルサポート

受講費用 一括払い(税込)
  • 通常価格:112,320円
  • 割引価格:106,704円
    (学生・ママの方は、受講料5%割引
分割払い
  • 利用可能
テキスト代と、入学金32,400円が別途必要
給付制度

対象講座ではありません。

医療事務の仕事がしたいっ!★ヒューマンアカデミー★無料資料請求はこちら

関連ページ

たのまなヒューマンアカデミーの医療事務講座(通信)
たのまなヒューマンアカデミーの医療事務講座(通信)の特徴・受講メリット、学習内容、受講期間、受講料、サポート体制などについて詳しく解説しています。
たのまなヒューマンアカデミーの診療報酬請求事務能力認定試験対策講座(通信)
たのまなヒューマンアカデミーの診療報酬請求事務能力認定試験対策講座(通信)の特徴・受講メリット、学習内容、受講期間、受講料、サポート体制などについて詳しく解説しています。
ユーキャンの医療事務講座(通信)
ユーキャンの医療事務講座(通信)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
資格スクール大栄の医療事務講座(通信+通学)
資格スクール大栄の医療事務講座(通信+通学)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
アビバの医療事務講座(通学)
アビバの医療事務講座(通学)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
資格の学校TAC 医療事務講座(通信・通学)
資格の学校TAC 医療事務講座(通信・通学)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
資格の大原 医療事務講座(通信・通学)
資格の大原 医療事務講座(通信・通学)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
ニチイの医療事務講座(通信・通学)
ニチイの医療事務講座(通信・通学)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
日本医療事務協会の医療事務講座(通信・通学)
日本医療事務協会の医療事務講座(通信・通学)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
TERADA医療福祉カレッジの医療事務講座(通信)
TERADA医療福祉カレッジの医療事務講座(通信)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。

医療事務
資格試験日程
医療事務資格
種類と試験内容
医療事務講座
徹底比較
医科 医療事務
人気講座
歯科 医療事務
人気講座
医師事務作業補助者
人気講座
医事コンピュータ
人気講座
ページトップへ戻る