医療機関での診療の流れ

 医療機関は入院と外来に大きく分類され、患者に対しての診療行為が行われています。

まず、医療機関の受付窓口で必要な書類などを提出して、全ての患者さんが診療の手続きを行います。

その後、診療科の待合室で患者さんが受診する順番を待つことになります。

 受診する順番がきたら診察室に入室して、医師に現在の症状や痛みなどを話します。

患者さんが訴えている内容や診察の所見に基づき医師は医療行為を行います。

また患者の症状や状況によっては、レントゲンや画像診断などの検査を実施し再度診察を行います。

患者の症状が軽い場合は、注射や投薬などの指示を行い、外来通院で治療を続けることになります。

 外来の場合は、診療終了後に会計をして健康保険なら医療費全額の3割を一部負担金として支払い終了となります。

但し、診察した結果、病状が重ければ入院することとなりますが、入院の形態には「即日入院」と「予約入院」がはあります。

診察後の当日に入院することを即日入院と呼びます。

診察後に自宅へ一旦帰宅して、改めて後日入院することを予約入院と呼びます。

 病院へ患者さんが入院後、入院している病室を医師が訪問して診察することを回診と言います。

患者さんの病状や状態に合わせて必要な医療行為や看護を行いますが、症状が改善され良くなれば会計で入院費を支払い退院してもらうことになります。

 患者が病院を退院した後は、他の医療機関でさらに高度な医療を受けるために転院する場合や同じ医療機関に通院して引き続き治療を受ける場合もあります。

 また場合によっては、在宅医療へ移行されるケースもあります。

一般的な診療の流れは次のようになっています。
  1. 受付
  2. 診察→投薬・注射・処置・リハビリなど→会計
  3. 検査・画像診断など
  4. 診察→入院→治療・看護・検査・画像・診断・処置・手術・リハビリなど→会計→退院→通院・転院・在宅・医療など
  5. 投薬・注射・処置・リハビリなど
  6. 会計

関連ページ

医療機関の組織・部門
病院などの医療機関の組織体制や部門について解説しています。
医療事務の受付と保険証の扱い
医療事務の受付と保険証の扱い方の業務内容について解説しています。
医療事務の患者対応・接遇(来院前の不安な患者心理)
医療事務の患者対応・接遇において患者が病を抱え来院する際の不安感や心理状態について理解しておくことは何か?
医療事務の患者対応・接遇(診療時のクレーム対応)
医療事務の患者対応・接遇において診療待ち時間や検査前の注意事項伝達に関してのクレーム対応の仕方について理解しておくことは何か?
国民健康保険・社会保険の種類と制度内容
国民健康保険や社会保険の種類と制度内容について医療事務として理解しておくべき事は。
保険診療と医療給付の制度内容
保険診療と医療給付の制度内容について医療事務として理解しておくべき事は。
保険医療機関と保険医の制度内容
保険医療機関と保険医の制度内容について医療事務として理解しておくべき事は。
公費負担医療制度の種類と内容
公費負担医療制度の種類と内容について医療事務として理解しておくべき事は。
老人保健法の制度内容
老人保健法の制度内容について医療事務として理解しておくべき事は。
労災保険と自賠責の制度内容
労災保険と自賠責の制度内容について医療事務として理解しておくべき事は。
カルテの作成と管理手順
カルテの作成と管理手順について医療事務として理解しておくべき事は。
電子カルテとオーダリングシステムの普及率とメリット
電子カルテとオーダリングシステムの普及率とメリット、内容について解説しています。
医療機関での苦情・クレーム対応
医療機関での苦情・クレーム対応について医療事務として理解しておくべき事は。

医療事務
資格試験日程
医療事務資格
種類と試験内容
医療事務講座
徹底比較
医科 医療事務
人気講座
歯科 医療事務
人気講座
医師事務作業補助者
人気講座
医事コンピュータ
人気講座
ページトップへ戻る