たのまなヒューマンアカデミーの医師事務作業補助者講座(通信)

たのまなヒューマンアカデミー 認定医師秘書(医師事務作業補助者)講座[通信]の特徴・講座内容

たのまなヒューマンアカデミーの認定医師秘書(医師事務作業補助者)講座 詳しくはこちら

受講メリット・特徴

厚生労働省の法的教育基準を満たす質の高い講座内容で就職時に断然有利!

 医師事務作業補助者の教育基準は法的に定められていますが、たのまなヒューマンアカデミーの認定医師秘書講座は、この教育基準を完全に満たしています。

なので、求人募集する病院側も、たのまなヒューマンアカデミーの受講生を採用することにより、診療報酬加算も付き利益を上げられるので、優先して採用することが考えられ就職活動に有利になることが予想されます。

ライブ講義DVDで効率的学習!

 教室で実際に行われている講義映像が収められたDVD動画5枚が教材として付属しているので、自宅に居ながら教室で講義を受ける時と同じ条件で学ぶことができます。

また、DVD講義なので時間に縛られず、自分がわかるまで繰り返し動画を視聴し学習することができるのも、ライブ講義とは違うDVD教材ならではの利点だと思います。

働きながら勉強する場合は、すごく便利な学習方法と言えるでしょう。

テキストを読むだけでは、専門用語や重要ポイントなどすぐには理解しにくいですが、講師が噛み砕いて丁寧にレクチャーしてくれるので、テキスト教材のみの講座よりも効率的に勉強を進めていくことができます。

就職時に国が定めるジョブカードに正式記載できる資格を取得できる!

 この講座で取得できる「認定医師秘書TM」資格は、2008年(平成20年)から施行された国の職業能力資格証明制度で活用されている「ジョブカード」に、医療事務資格の中では唯一正式に記載できる資格になります。

ジョブカードは就職活動をする場合に、自分が有する職業能力を公的に証明するために記載できる証明書類になります。

当然、応募書類の履歴書にも書くことができるので、医師事務作業補助者として医師が抱える事務作業をサポートし円滑に業務遂行できるだけの知識と技能を習得したことを証明できます。

試験は在宅受験が可能!

 公的学会であるメンタルケア学術学会の奨学金対象講座であったり、ジョブカードに記載できたりする評価が高い資格であるのも関わらず、医師事務作業補助業務実務能力認定試験(認定医師秘書 TM)は在宅受験が可能です。

たのまなヒューマンアカデミーは公的学術団体から認定された最優秀教育校!

 たのまなヒューマンアカデミーは、次の2つの団体より最優秀教育校としてW認定を受けています。

  • 内閣府特別公的機関である日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術学会
  • 資格試験の主催団体である医療福祉情報実務能力協会

特に、「メンタルケア学術学会」は、総理大臣所轄の日本学術会議から認定を受けている公的学会になり、日本学術会議は科学者の集まりで日本最高峰に位置付けられる学術団体になります。

そのため、たのまなヒューマンアカデミーの認定医師秘書(医師事務作業補助者)講座は、メンタルケア学術学会の返済無しの奨学金対象講座になっています。

なので、当然ですが教材や学習カリキュラムも質が良く、以前から受講生の評価も高い講座です。

疑問点は担当講師に何回でも質問可能!

 疑問点・不明点については、受講期間内であれば何回でも遠慮なく担当講師に質問できますし、添削課題の提出についても何回でも提出可能です。

万全の就業サポート!

 就職活動については、グループ企業の求職支援人材紹介会社で一貫した就業サポートを受けることができます。

個人面談、職場見学、入職、就業後フォローなど専門スタッフによる万全の体制で支援してもらえます。

たのまなヒューマンアカデミーの認定医師秘書(医師事務作業補助者)講座 詳しくはこちら

管理人レビュー

 医師事務作業補助者の通信講座では、たのまなヒューマンアカデミーの認定医師秘書(医師事務作業補助者)講座が断然オススメですが、その理由について紹介していきたいと思います。

目指せる資格は医師事務作業補助業務実務能力認定試験(認定医師秘書 TM)になりますが、試験は年4回行われており、受験機会が多いからです。

医師事務作業補助業務実務能力認定試験の合格者が取得できる認定医師秘書(TM)の資格は、2008年に国が法的に定めた職業能力資格を証明するジョブカードに記載できる対象資格にもなっています。

たのまなヒューマンアカデミーの医師事務作業補助者講座は、厚生労働省が法的に定めた医師事務作業補助者としての指定教育基準を満たすカリキュラム内容になっており、求人側の医療機関にも医師事務作業補助体制加算が適用されるので、就職時にも有利になります。

医師事務作業補助者の講座を修了し、試験に合格しても規定された教育基準を満たしていない講座では、加算対象外となり医療機関には診療報酬が支払われないので、採用しずらくなるからです。

 たのまなヒューマンアカデミーの受講料は最安ですし、教材はテキストと完全リンクした5枚のDVDの講義動画も付属しており、難解な専門用語・要点・注意すべきポイントなどについて、プロ講師が詳しく簡潔に解説してくれるので着実に理解でき、短い期間で効果的な学習を行えます。

就業サポートも自社運営の人材紹介会社が2社あり、親身になって入職できるまで面倒をみてくれますし、就職後も定期的に不満はないかフォローが入ります。

講座も良質ですが、この就職サポートも大きな魅力だと思います。

たのまなヒューマンアカデミーは資格スクールでは有名大手で品質にも定評があるので安心して受講できると思います。

講座内容

講座名

認定医師秘書(医師事務作業補助者)講座

受講形態

通信講座

受講期間

標準期間:6ヶ月

最長期間:12ヶ月

目指せる
資格試験

医師事務作業補助業務実務能力認定試験(認定医師秘書 TM)
(受験料:8,200円)

医師事務作業補助者 試験日程はこちら≫≫

試験形態

在宅受験

受講
サポート
  1. 質問回数無制限
  2. DVD解説動画付
就職
サポート
ヒューマンアカデミーが経営する人材紹介会社ヒューマンリソシアによる就業フルサポート
添削指導

全6回

受講費用

一括払い:(教材費込・税込)
標準価格:44,000円

分割払い
オリコ教育ローンの利用で、3〜36回から選択して支払い可能。

給付制度

メンタルケア学術学会 奨学金制度の対象講座

たのまなヒューマンアカデミーの認定医師秘書(医師事務作業補助者)講座 詳しくはこちら

関連ページ

ユーキャンの医師事務アシスタント(医師事務作業補助者)講座
ユーキャンの医師事務アシスタント(医師事務作業補助者)講座(通信)の特徴・受講メリット、学習内容、受講期間、受講料、サポート体制などについて詳しく解説しています。
TERADA医療福祉カレッジの医師事務作業補助者(認定医師秘書)講座(通信)
TERADA医療福祉カレッジの医師事務作業補助者(認定医師秘書)講座(通信)の特徴・受講メリット、学習内容、受講期間、受講料、サポート体制などについて詳しく解説しています。
ヒューマンアカデミーの医師事務作業補助者養成講座(通学)
ヒューマンアカデミーのドクターズ医療クラーク養成コース(医師事務作業補助者養成)通学講座の特徴・受講メリット、学習内容、受講期間、受講料、サポート体制などについて詳しく解説しています。
ニチイのメディカルドクターズクラーク(医師事務作業補助者)講座(通学+通信)
ニチイのメディカルドクターズクラーク(医師事務作業補助者)通学+通信講座の特徴・受講メリット、学習内容、受講期間、受講料、サポート体制などについて詳しく解説しています。

医療事務
資格試験日程
医療事務資格
種類と試験内容
医療事務講座
徹底比較
医科 医療事務
人気講座
歯科 医療事務
人気講座
医師事務作業補助者
人気講座
医事コンピュータ
人気講座
ページトップへ戻る