診療報酬請求業務の手順と基礎知識

 ここでは、医療事務が理解しておくべき診療報酬請求業務の手順とポイントについて解説しています。

診療報酬の請求業務は、医療事務の仕事でメイン業務になります。

診療報酬請求業務の手順と基礎知識記事一覧

出来高算定と包括算定|診療報酬請求業務の知識

初診料の算定方法保険証を取り扱う医療機関である病院、診療所、調剤薬局などにおいては、請求業務は経営に関わる重要な業務です。医療機関における収入は、一部負担金の算定とレセプト作成による請求とから成り立っています。レセプト作成による請求業務は、診療報酬点数制度に基づき算定され、「点数」により全部の診療行...

≫続きを読む

包括算定のDPC点数|診療報酬請求業務の知識

出来高算定と包括算定というものが診療報酬算定にありますが、包括算定で注目されているのがDPC点数というものです。DPCは、「Diagnosis Procedure Combination」の頭文字をとったもので診断群別包括請求制度とも言われています。意味は、Diagnosis(診断)、Procedu...

≫続きを読む

一部負担金と高額療養費制度|診療報酬請求業務の知識

医療保険制度の種類と一部負担金について 病院などの医療機関の窓口で患者さんが支払うお金の事を一部負担金といい、患者負担率と専門的には呼ばれています。医療保険制度は、次のような種類に分類されます。種別医療保険制度被保険者給付内容自己負担額地位保険国民保険健康自営業など病気や怪我3割70歳以上75歳未満...

≫続きを読む

入院時食事療養費|診療報酬請求業務の知識

 医療事務職員としては、次の入院時食事療養費の患者さんの負担する食事代や、医療機関に診療報酬として届け出る内容についても理解しておく必要があります。入院時食事療養費について患者側の自己負担費用 治療を受けるために病院に入院した場合、病院側から食事が提供されますが、これを入院時食事療養費と呼びます。入...

≫続きを読む

診療報酬明細書(レセプト)の記載方法とポイント|診療報酬請求業務の知識

診療報酬明細書の記載要領について 医療事務職員の重要なメイン業務に診療報酬請求業務があります。診療報酬明細書(レセプト)の記載方法に関しては、「診療報酬明細書の記載要領」で定められています。レセプト作成で注意すべき点は、各審査機関に記載要領通りに記載せず間違えて提出してしまうと、レセプトが返戻された...

≫続きを読む

領収書の記載・未収金の対応事例|診療報酬請求業務の知識

医療機関交付の領収書について 病院で交付される領収書は、以前は様々な様式で医療機関ごとに異なっていましたが、現在は、記載内容も同じ様式に統一され、次のように規定されています。保険医療機関等は、診療報酬点数表の各部単位(レセプトの算定区分)で金額の内訳を分かるようにした医療費内容を記載した領収書を無償...

≫続きを読む

未収金が発生する理由・対応事例|診療報酬請求業務の知識

 ここでは未収金を撲滅できない理由と未収金にならないようにするために医療事務職員がどう対応すればよいのかの対応事例についても考えてみましょう。未収金を撲滅できない理由は? 医療機関の役割として、「患者より診察治療の求めがあった場合、診療に従事している医師は、正当な理由がない限り、この求めを拒否しては...

≫続きを読む


医療事務
資格試験日程
医療事務資格
種類と試験内容
医療事務講座
徹底比較
医科 医療事務
人気講座
歯科 医療事務
人気講座
医師事務作業補助者
人気講座
医事コンピュータ
人気講座
ページトップへ戻る