ヒューマンアカデミーの医師事務作業補助者養成講座(通学)

ヒューマンアカデミー 医師事務作業補助者養成講座[通学]の特徴・講座内容

ヒューマンアカデミーのドクターズ医療クラーク養成講座(医師事務作業補助者養成) 詳しくはこちら

受講メリット・特徴

完全合格保証制度で徹底サポート!

 カリキュラムを全て修了すれば、医師事務作業補助者実務能力認定試験を受験できますが、この試験に合格できるまでは繰り返し何回でも無料受講できる学習支援制度が用意されています。

もし、1回目の受験で不合格になっても、合格できるまで継続してサポートしてもらえるので、途中で受講を辞めない限り最終的に必ず合格できるという事です。

このようなサポートがあれば安心して勉強に取り組むことができます。

病院で育成研修に導入実績のある講座内容!

 本講座の学習プログラムとテキスト教材などは、文部科学省が主導している「教育重点サポート計画」の実行委員の専門家が監修した講座です。

この講座は、医療機関での人材育成に導入され、検証した結果有効性のあることが確認されています。

未経験者でも最短で医師事務作業補助者のプロに!

 ヒューマンアカデミーの講座は、医療機関での経験や知識がない初心者でもわずか42時間の授業を受けることにより、医師事務作業補助者の専門的知識と技能を最短で身に付けることができるように工夫された講座です。

通学講座のデメリットをフォローする学習支援制度!

 通学講座を受講した際に受講生が最も気になるのが、講義を休むことになった場合大丈夫かという事です。

ヒューマンアカデミーでは3ヶ月に渡り14日間教室に通うことになるので、この期間にどんなことが起こるかは予想できません。

家庭では自分や家族の病気や怪我、仕事では出張や転勤などが考えられます。

ヒューマンアカデミーでは、下記のサポート制度を設けて誰もが抱いている不安を失くせるようにフォローしてくます。

講義欠席時の振替受講制度
事情により授業に出席できなかった場合でも、振替受講ができる。

最大1年間の休学制度
事情により講座の継続受講が出来なくなった場合でも、12ヶ月間以内であれば休学でき、復学することもできる。

全国にある教室への転校制度
転勤や転居で通学が難しくなった場合でも、全国に教室がある強みを生かし転居先地域での転校ができる。

強力な就転職サポート!

 ヒューマンアカデミーでは、自社で営業拠点を持って就業支援事業を行っているので、この点も大きな受講メリットだと思います。

支援してくれるのは、次の3方面からです。

  • 講師による人脈からの支援
  • 就職部という専門部署からの支援
  • 人材会社ヒューマンリソシアによる支援

 また、受講中から医療事務に関連する求人公開、個別相談、応募や面接のコツなど、就活に成功できるようにフルサポートしてもらえます。

実際、修了生の就業率も高いので、就職活動に翻弄されて苦労するということは避けられると思うので、評価できる点だと言えます。

ヒューマンアカデミーのドクターズ医療クラーク養成講座(医師事務作業補助者養成) 詳しくはこちら

管理人レビュー

 通学講座でじっくり医師事務作業補助者について学びたいという方には、ヒューマンアカデミーのドクターズ医療クラーク養成コース(医師事務作業補助者養成)をオススメしたいと思います。

その大きな理由は、2つあります。

  1. 資格取得完了までサポートする合格保証サポート
  2. 3方面から支援する就転職完全サポート

資格取得完了までサポートする合格保証サポート

 ヒューマンアカデミーの講座では医師事務作業補助者実務能力認定試験の合格を目標にしています。

通常、講座を受講し終われば試験を受けますが、多くのスクールでは不合格になっても有効受講期間が過ぎればフォローなどしてくれませんし、もう一度最初から受講することなどできません。

ところが、ヒューマンアカデミーでは、合格できなかっても試験に受かり最終的に資格を手に入れれるまで何回でも最初から受講し直すことができフォローもしてくれるという支援制度を設けています。

講座自体も、厚労省の教育指針を満足するようなカリキュラムになっており、教材も文部科学省が主体となって行っている教育支援推進会議に所属するプロが監修し、病院などの教育研修に用いられ実際の現場業務に沿った実務レベルに合致した内容になっています。

これらのサポートは、「資格を取得させるまで徹底して支援する」という教育理念に沿ったもので、受講生も安心して勉強に打ち込めると思います。

3方面から支援する就転職完全サポート

 何と言ってもヒューマンアカデミーは自グループ運営の求職人材支援会社などがあるのが最大の強みだと思います。

講師陣、就職支援部署、人材紹介会社の3方面から入職完了までの完全サポート制度です。

 受講生が医療事務の資格を取るための講座を受講するのは、最終的に就職するのが目的なので、資格取得の学習サポートは充実しているが就職サポートは弱いという講座では正直受講する魅力は半減します。

医療事務は人気資格なので競争が激しく自分単独で職探しするより、受講生を優先してくれるスクールのサポートがある方が有利なのは言うまでもありません。

 ヒューマンアカデミーは、大手資格スクールで全国各地域に学校を構えているので通学はかなり楽ですし、先ほど紹介した手厚い支援制度を用意してくれているので、安心して学ぶことができると思います。

講座内容

講座名

ドクターズ医療クラーク養成コース(医師事務作業補助者養成)

受講形態

通学講座

受講期間

3ヶ月〜 (180分×14回 / 42時間)

※受講頻度の目安:1〜2日/週

目指せる
資格試験
医師事務作業補助者実務能力認定試験
(受験料:一般受験 7,500円、認定校受講 7,000円)

医師事務作業補助者 試験日程はこちら≫≫

試験形態 認定校内試験
受講
サポート
  1. 振替受講制度
  2. 休学・復学制度
  3. 転校制度
就職
サポート
  1. 講師ネットワーク、就職部による一貫サポート
  2. 自社運営会社のヒューマンリソシアによるフルサポート
受講費用 一括払い(税込)
  • 通常価格:124,200円
  • 割引価格:117,990円
    (学生・ママの方は、受講料5%割引
分割払い
  • 利用可能
テキスト代と、入学金32,400円が別途必要
給付制度

対象外

ヒューマンアカデミーのドクターズ医療クラーク養成講座(医師事務作業補助者養成) 詳しくはこちら

関連ページ

たのまなヒューマンアカデミーの医師事務作業補助者講座(通信)
たのまなヒューマンアカデミーの認定医師秘書(医師事務作業補助者)講座(通信)の特徴・受講メリット、学習内容、受講期間、受講料、サポート体制などについて詳しく解説しています。
ユーキャンの医師事務アシスタント(医師事務作業補助者)講座
ユーキャンの医師事務アシスタント(医師事務作業補助者)講座(通信)の特徴・受講メリット、学習内容、受講期間、受講料、サポート体制などについて詳しく解説しています。
TERADA医療福祉カレッジの医師事務作業補助者(認定医師秘書)講座(通信)
TERADA医療福祉カレッジの医師事務作業補助者(認定医師秘書)講座(通信)の特徴・受講メリット、学習内容、受講期間、受講料、サポート体制などについて詳しく解説しています。
ニチイのメディカルドクターズクラーク(医師事務作業補助者)講座(通学+通信)
ニチイのメディカルドクターズクラーク(医師事務作業補助者)通学+通信講座の特徴・受講メリット、学習内容、受講期間、受講料、サポート体制などについて詳しく解説しています。

医療事務
資格試験日程
医療事務資格
種類と試験内容
医療事務講座
徹底比較
医科 医療事務
人気講座
歯科 医療事務
人気講座
医師事務作業補助者
人気講座
医事コンピュータ
人気講座
ページトップへ戻る